肌をきれいに保つ

肌をきれいに保つ方法

女性にとってきれいな肌は魅力ありますよね。
このままずっといたい!

 

せっかく脱毛ができても、肌が衰えるなんて・・
老化。
これは全員に起こりうることですが・・、人によってかなり個人差が出ます。
すでに二十を超えたころから差が広がってくるのです。

 

そこで肌のことを知り、
肌をいつまでもみずみずしく弾力のあるものにする方法をまとめていきます。

 

名古屋の女子に1番使ってほしい肌に塗るものの成分は、プロテオグリカン。
以前は1グラム数千万円なんていたものが鮭の鼻の骨から抽出できた。

 

私が使っているものはペーアッシュのグルーミングエッセンスです。
肌から髪の毛まで使えます。
驚きのツルツル!!

肌をきれいに保つ記事一覧

皮膚は内臓を映し出しています

肌の調子は体調によって大きく作用されています。特に内蔵の調子が悪いと、肌の調子が悪いですね。このことから肌の調子を見て、体調を判断するのにもつかわれます。便秘や生理、寝不足なども肌に反映します。疲れがたまっていても肌の調子が悪くなりますね。ニキビができたり肌がくすんだり・・。化粧品では肌のトラブルが...

≫続きを読む

 

皮膚・肌について

皮膚は常在菌のおかげで弱酸性を保っています。肌は皮脂を分泌していて、この皮脂を常在菌が分解して、脂肪酸を作っています。脂肪酸が皮膚を覆うことで弱酸性になり、体内の老廃物が出やすくなるのと、皮膚をばい菌から守っています。通常皮膚が弱い人はアルカリ性の石鹸が良いのですが、肌が敏感になりすぎていると、石鹸...

≫続きを読む

 

肌のための季節食

日本は季節によって温度や湿度が違うので、季節におおじた肌のための食事を紹介します。これで脱毛した肌をきれいに保ちましょう。なおよいからといって同じものばかり食べるのはかえってよくないです。もちろん食べすぎはお肌に非常に良くないです。春花粉症などで肌トラブルの人が多い季節です。多少体を冷やす野菜などが...

≫続きを読む

 

便秘

女性の場合便秘で困っている人は多いです。そして肌にも影響を与えています。体内で熱のこもった便秘の場合、肌は脂っこくなりやすいです。赤みを帯びた吹き出物が出ることも多いですね。冷えによって胃腸の動きが鈍っているときには、体はむくみがちで、皮膚はかさつき気味です。どのようなものを食べると腸の状態が良いか...

≫続きを読む

 

ダイエット

脱毛を行っても太っていては見せれない・・できるだけ健康そうで細くしたい。これが理想。そこでダイエットについても考えてみた。まず気になるお腹。お腹は、食べなければやせるという人もいますが実際はそうではない。難民のあまり食べるものがないキャンプにいる子供たちのお腹。結構大きくないですか。食べないというよ...

≫続きを読む

 

女性ホルモン

脱毛しても肌がきれいでないと嫌ですよね。若々しく見える女性は、血液を調べるとエストロゲンの量が多いことが確認されています。エストロゲンが多いと女性らしさがアップ!肌のコラーゲンを維持します。コラーゲンは肌の弾力。血管の老化を防ぎます。・・若返りのホルモンです。無理なダイエットでも生理がくるってエスト...

≫続きを読む

 

睡眠

肌をきれいにするのには様々な手段がありますが、食事よりも睡眠が肌に現れます。寝不足は肌荒れの元!また肌細胞は寝ている間に作られます。これが作られないと約4週間で起こるターンオーバーが伸びてきます。おばあさんじゃないのだから、新しい肌はすぐにできてほしいですね。睡眠不足からくる内面の不調で大人にきびが...

≫続きを読む

 

抗酸化力

せっかく脱毛をしたらシミのない肌を見せたいですね。そのために抗酸化力をアップします。脱毛した後はなるべく紫外線から肌を守らないといけないですが・・抗酸化力を高めて、肌を日焼けから守ります。紫外線は肌の中で活性酸素を作ります。体が錆びる!老化する!!シミだけでなくしわやたるみまで。なお、同じように紫外...

≫続きを読む